マニュアル日本語訳

これは何?

RoboCupサッカーシミュレーション 2Dシミュレータのマニュアルの日本語訳を行ないます. 公式サイトのCVSリポジトリから取ってきた最新のTexソースを翻訳しています. Texソースの管理をSourceForgeのCVSサーバによって行なっています.

ダウンロード

現時点のソースファイルから作成したPDF等をリリースしています. バージョン番号はリリースの日付としています.

進捗状況

翻訳順序は不定。 各自、自分の作業状況に合わせて更新してください。

現状、日本語文章の校正は後回しになっています。 査読/校正を行なった場合もここに書き込んでください。 不自然な文章に対する突っ込みは、rctools-devに流してください。

appendix/appendix.tex完了。各構造体の説明をもう少し詳細に書いた方が良いかも。(akky)
chapter1/
イントロダクション
chapter1.tex完了。(takatani)
chapter2/
概要
chapter2.tex一通り完了。校正が必要。(akky)
chapter3/
Getting Started
chapter3.tex一通り完了。インストール手順の解説が古いので修正が必要。しかし、サーバ9.4.5はrcsoccersimとしてパッケージングされていないので、少し書きにくい…。(akky)
chapter4/
サッカーサーバ
c4-aural.tex一通り完了。校正が必要(akky)
c4-catchmodel.tex一通り完了。校正が必要(akky)
c4-cc.tex一通り完了。校正が必要(akky)
c4-collisionmodel.tex一通り完了。校正が必要(akky)
c4-dashmodel.tex一通り完了。校正が必要(akky)
c4-heterogeneousplayers.tex一通り完了。校正が必要(akky)
c4-kickmodel.tex一通り完了。校正が必要(akky)
c4-movementmodel.tex一通り完了。校正が必要(akky)
c4-movementnoise.tex一通り完了。校正が必要(akky)
c4-movemodel.tex一通り完了。校正が必要(akky)
c4-objects.tex一通り完了。校正が必要(akky)
c4-refereemodel.tex一通り完了。校正が必要(akky)
c4-saymodel.tex一通り完了。校正が必要(akky)
c4-sense.tex一通り完了。校正が必要(akky)
c4-sensor.tex一通り完了。校正が必要(akky)
c4-si.tex一通り完了。校正が必要(akky)
c4-soccerserverparameters.tex一通り完了。校正が必要(akky)
c4-soccersimulation.tex一通り完了。校正が必要(akky)
c4-turnmodel.tex一通り完了。校正が必要(akky)
c4-turnneckmodel.tex一通り完了。校正が必要(akky)
c4-visual.tex一通り完了。校正が必要(akky)
chapter4.tex完了(akky)
chapter5/
サッカーモニタ
chapter5.tex一通り完了。大幅な加筆が必要(akky)
chapter6/
サッカークライアント
chapter6.tex一通り完了。校正が必要。(akky)
chapter7/
コーチ
chapter7.tex一通り完了。校正が必要。(akky)
chapter8/
参考文献など
chapter8.tex未定。しかし、ほとんどやる事無し。参考文献の更新ができればベスト。(akky)
manual.tex完了(akky)

翻訳ポリシー

  • 直訳による機械的な文章にはしない。
    自然な流れで日本語として読める内容にする。
    原文の表現自体がおかしいorくどい場合がある。そのような場合は、思い切って丸ごと書き変えた方が分かりやすくなる。訳文が原文と大きく異なる場合は、原文をコメントアウトで残しておく。
  • 文体は「である」調。
  • 日本語で表現できる単語は、可能なかぎり日本語に直す
    • 「See XXX」 → 「XXXを参照」
    • 「Note that XXX」 → 「XXXに注意」
  • 日本語で表現できない単語は、英単語のまま
    ただし、カタカナ英語として定着しているものは、カタカナ表記。
  • 上手く訳せない場合は、他の人に任せる or 意見を請う。
  • 最新のサーバに適応させる。
    バージョン7.xのマニュアルがベースであるため、内容が古い仕様のままであることがある。 その場合、適宜修正と加筆を行う。分からなければ、とりあえず訳しておき、修正は他の人に任せる。

メモ

  • algorithmic.styが無い

    Fedora Coreでmakeすると、algorithmic.styが無いと怒られる。そんなときは、algorithmic.styを適当なところから落としてきて、Manual-Jディレクトリに放りこんでやれば、とりあえず解決する。

  • dvipsとpdvips
    現在、dviファイルからpsファイルへの変換は、pdvipsコマンドで行なうように設定している。pdvipsコマンドの無い環境では、適宜シンボリックリンクを張るなどして解決する。例えば、Vine Linuxでは、
    ln -s /usr/bin/dvips /usr/local/bin/pdvips
    などとするのが良いだろう。
  • divpdfmx
    Fedoraの場合、FreshRPMsからインストール可能。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-03-14 (月) 14:51:37 (1308d)
SourceForge.JP
Creative Commons License
RoboCup tools by Hidehisa Akiyama is licensed under a Creative Commons 表示-非営利 2.1 日本 License.