• [librcsc][agent2d] FormationUvAの実装完了.(akiyama)

UvAタイプのフォーメーションシステムの再実装が完了した.もはや,位置決定の計算式が等しいだけで,設定ファイルのフォーマットから実装方法から全てが別物になってしまったので,以前の設定ファイルを使うことが出来ない.しかし,今回の新しい実装の方が間違いなく使いやすいので,正しい判断だったと思う.

という作業を,某会議のための会議室の鍵番をしながら行った.いやー,もの凄くはかどったなー.普段なら,こんな集中力を出すことはまず出来ないよ.

  • [soccerwindow2] フォーメーションエディタの分離を完了.(akiyama)

これまで,フォーメーションエディタはモニタ・ログプレイヤとともに1バイナリにビルドされるようになっていた.イベントハンドラや共有部分のコードがやや冗長になっていたので,機能を分離してコードの依存関係を明確にすることにした.

という作業を,つくばエクスプレスの中で行った.予想以上にあっさり終わった.

  • [librcsc] 派生エージェントクラスでの追加コマンドラインオプションを受け付けるインタフェースを用意.(akiyama)

BasicClient::doInit() の引数にParamMapのポインタを追加することで対処.しかしながら,あまり良い実装とは思えないので,作り直す予定.恐らく,BasiClientを基本エージェントクラスから分離したときに対処できるようになるはずなので,それまで寝かしておく.忘れないようにTracでチケットを発行しておいた.

それにしても,プログラムオプションの扱いというものはなかなか奥が深い.実行効率を考えなければ,文字列をキーにして任意の変数を追加・参照できるようするのがもっともお手軽かつスマートだと思うが,効率重視のプログラムではそうもいかないのが難しい.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-03-14 (月) 14:51:37 (1253d)
SourceForge.JP
Creative Commons License
RoboCup tools by Hidehisa Akiyama is licensed under a Creative Commons 表示-非営利 2.1 日本 License.