• [soccerwindow2] wx版の Signal/Slot 対応 (akiyama) 00:58:12

Signal/Slotを用意するもっとも手軽な方法は,boost::signals を使うこと. しかし,boost::signalsはライブラリへのリンクを要求する. すなわち,soccerwindow2-wxの実行にboostのライブラリがインストール済みでなければならないということ. 折角,boost::program_optionsを外してboostへの依存を少し弱くしたばかりなので,出来ればSignal/Slotの機構を自前で用意したかったけど,どうも実装が簡単には終わりそうに無いので,妥協してboost::signalsを使うことにしよう. まあ,今時,boostが用意されていないLinuxディストリビューションなんか無いだろうから大丈夫でしょう.

  • [soccerwindow2] wx版の整理開始 (akiyama) 07:34:38

メインウインドウのイベントハンドラの整理を完了. 基本的にQt版とインタフェースを同じにする方針で作業中. むしろ,Qt版から再移植していると言った方が正しい. これは,QtのSignal/Slotのおかげで設計が改善されたということに他ならない. wx版ではすっかりカオスになってしまっていたイベントメッセージの流れが,すっきりして見通せるようになってきた.

  • [soccerwindow2] wx版にSignal/Slot導入開始 (akiyama) 18:59:18

boost::signalsで,あっさり成功. 手抜きだったイベント処理をきちんと整理しつつ,順次置換中. Qt版と共有される部分のコードの整理も同時進行中.

一区切りつくごとにリポジトリにはコミットしているが,まだまだ非常に不安定. 何せ数が多いので,全て完了して安定するまでにはまだ少し時間ががかかる. 明日中には終われるかな.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-03-14 (月) 14:51:37 (1308d)
SourceForge.JP
Creative Commons License
RoboCup tools by Hidehisa Akiyama is licensed under a Creative Commons 表示-非営利 2.1 日本 License.