• [rcssserver] クライアントバージョン10と11を追加.(akiyama) 21:19:56

クライアントがinitコマンドで指定するバージョン番号に,10と11を指定することが可能になった.

バージョン9と10の間には全く違いは無し. バージョン11から,"ball_stuck_area" と "coach_msg_file" のふたつがServerParamに追加されており,それらの値がserver_paramメッセージの一部として送信されてくる.更に,バージョン11で接続したコーチは,coach_msg_file で指定したファイルの内容を接続直後に受信する.

  • [メモ] 端末の文字化けからの復帰. (akiyama) 21:19:56

端末上にうっかりバイナリデータを表示してしまって文字化けしたときに直す方法を知らなくていつも困っていたんだけど,直す方法がやっぱりあった.

これだけ.

$ reset

参考: http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20061030/252179/

  • [rcssserver] 圧縮通信問題. (akiyama) 23:22:20

圧縮通信の問題が解決できない. 原因を特定するためにテストプログラムを書いてみて,どこがおかしいかは分かったが,その解決方法が分からない

rcssbaseのgzstream, librcscのgzfilterstream, そしてrcssserverのCompressor/Decompressor の三つを使って,文字列の圧縮/展開を行うプログラムを作ってみた. その結果,Decompressorは一回しか展開処理を実行できないことが分かった. つまり,新規圧縮データを展開したい場合は,Decompressorを作り直せということらしい. 以前はこんなこと起きてなかったから,zlibの仕様が変わったのかな.

展開が必要になるたびにDecompressorを新規に作れば一応解決するんだけど,内部バッファの確保を繰り返すことになるので効率が悪い. 何とかならないか,もうちょっと調べてみる.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-03-14 (月) 14:51:37 (1318d)
SourceForge.JP
Creative Commons License
RoboCup tools by Hidehisa Akiyama is licensed under a Creative Commons 表示-非営利 2.1 日本 License.