• [rcssserver][メモ] スタミナモデル調整中 (akiyama) 02:01:05

スタミナモデルをどうにかしたいのは山々なのだけど,過去のバイナリとの互換性を残すことを考えると,少なくとも今後一年はなるべく今のモデルでいくべきだろうと思う. ただし,新しいモデルはもう組み込んでおいて,1〜2年間は準備期間に当てるのなら何とか許容できるんじゃないだろうか? ヘテロのパラメータとしていくつかの追加パラメータを用意しておき,現在の仕様に沿ったパラメータ設定にして挙動は変わらないようにしておくことになるだろう. 問題は妥当なスタミナモデルと言うものが暗中模索なこと.色々作ってみて試行錯誤を繰り返すしかないだろう.

とりあえず,現在のモデルでももうちょっと妥当なものにできないかを考えてみると,まず,全力で走れる距離が短すぎる.デフォルトタイプでも,max_powerだと100m走り続けられないってのは流石におかしい.stamina_inc_maxかstamina_maxの値を増やした方がいいんじゃないだろうか? stamina_max=6000くらいだとそれっぽい気がするが,試しに動かしてみたら今度は走れ過ぎてる印象.もうちょっとテストが必要か.

後,ball_speed_maxを上げるかどうかは正直微妙.3.3では速すぎるので,せいぜい3.0くらいだろうと思う.個人的には2.7で十分なようにも思うが…. 大量に試合させて統計取ってみるかな.

  • [rcssmonitor] ゴールポストの表示サイズ拡大 (akiyama) 15:38:06

ゴールポスト描画時の最小半径を2ピクセルにしてみた. 2ピクセルあれば,常に見えるようになるだろう.

これだけの修正の為に偉い遠回りというか姑息な対応をする羽目になってしまった. rcssmonitorの設計は酷すぎる.

  • [rcssmonitor] 背番号の表示方法変更 (akiyama) 17:37:00

プレイヤの背番号の表示位置を変更して,プレイヤ本体と重ならないようにした. 実は,今までも .rcssmonitor.conf を設定することで背番号の表示位置を変更できたのだが,プレイヤの体の向きに合わせて背番号の文字がクルクル回転しまうために,オプションとしてはまったく役に立っていなかった. これを,回転が起こらないように修正した.

回転が起こらないように直す部分を探し当てるのが大変だった. ホント,何でこんな変な設計になってるんだろう.

ついでに,デフォルトのフォントとフォントの色も変更. 更に,背番号を10進数で表示するようにして,10番と11番がちゃんと"10", "11"と表示されるようにした.

実行画面はこんな感じ.

rcssmonitor-12.0.0.20071101.png

ゴールポストもちゃんと確認できる. 個人的な好みを反映してしまっているが,かなり見やすくなったと思う.

  • [rcssserver] sense_body フォーマット v12 試案 (akiyama) 19:38:31
 (sense_body 66 (view_mode high normal) (stamina 3503.4 1) (speed 0.06 -79)
    (head_angle 89) (kick 4) (dash 20) (turn 24) (say 0) (turn_neck 28) (catch 0)
    (move 1) (change_view 16) (arm (movable 0) (expires 0) (target 0 0) (count 0))
    (focus (target none) (count 0)) (tackle (expires 0) (count 0))
    (collision {none|[(ball)][(player)][(post)]})
  • [librcsc] コミュニケーションメッセージ圧縮アルゴリズム改良 (akiyama) 20:01:50

ボールの最大スピードが変わるかもしれないので,サーバパラメータの値に応じて圧縮の精度を動的に変更出来るように改良.


添付ファイル: filercssmonitor-12.0.0.20071101.png 131件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-03-14 (月) 14:51:37 (1226d)
SourceForge.JP
Creative Commons License
RoboCup tools by Hidehisa Akiyama is licensed under a Creative Commons 表示-非営利 2.1 日本 License.