rcssserver3D を Vine Linux 3.1で動かす

参考:

apt-getでインストールしたもの

  • expat, expat-devel
  • ruby, ruby-devel
  • glut, glut-devel

上記のものはVinePlusなどに入っているので,apt-get でインストールすればよい.

# apt-get update
# apt-get install expat expat-devel ruby ruby-devel glut glut-devel

他にも必要なものがあるかもしれない.要求されるライブラリについては INSTALL ファイルを参照.

configureやコンパイルのときに***.hが無いと怒られたら,大抵開発パッケージ(devel)がインストールされていないことが原因なので,必要に応じてインストールする.

別途入手したもの

  • ライブラリ
    • Java j2sdk-1_4_2_07-linux-i586-rpm.bin
      http://java.sun.com/ から.gcjで代用できるので、必須ではない。
    • boost-1.31.0-9.src.rpm
      Fedora Core 3のパッケージから.そのままでは使えないので,specファイルを修正する.
    • ode-0.5-1.rhfc3.nr.src.rpm
      http://newrpms.sunsite.dk/apt/redhat/en/i386/fc3/SRPMS.newrpms/
      Fedora Core 3用だが,リビルドすればそのまま使える.

インストール手順

ライブラリ

apt-getでインストールできるものは省略.

Javaは以下のように.

# sh j2sdk-1_4_2_07-linux-i586-rpm.bin
# rpm -ivh j2sdk-1_4_2_07-linux-i586.rpm
  元のユーザに戻って,~/.bash_profile を編集
$ vi ~/.bash_profile
  以下の内容をexportが書かれている行の前に追加
PATH=$PATH:/usr/java/j2sdk1.4.2_07/bin
  ログインし直してpathが通っているかどうか確認.
  以下のように表示されれば成功.
$ which java
/usr/j2sdk1.4.2_07/bin/java

SRPMのものは一部修正,リビルドしてインストールする. いちいち書くのも面倒なんで,手順は省略. 以下は作成したパッケージのリスト.

後はrpmコマンドでインストールするだけ.

# rpm -ivh boost-1.31.0-9vl31.i386.rpm boost-devel-1.31.0-9vl31.i386.rpm ode-0.5-0vl31.i386.rpm

spades

$ tar xzvf spades-1.04.tar.gz
$ cd spades-1.04
$ ./configure
$ make
$ su
# make install
# su -
# ldconfig

ldconfig する前に,/etc/ld.so.conf に /usr/local/lib が書かれていることを確認.無かったら書く.というか、RedHat系ディストリビューションはデフォルトでこの行が書かれてないので,OSインストール直後に ld.so.conf を編集しておくべし. /usr/local 以外の場所へのインストールは,初心者にはお勧めできない.分かっている人はお好きな場所へどうぞ.

rcssserver3D

$ tar xzvf rcssserver3d-0.3.tar.gz
$ cd rcssserver3d-0.3
$ ./configure
$ make
$ su
# make install

configureのオプションに --enable-kerosin を追加すると,より厳密な視覚化を行うようにプログラムがビルドされるらしい.やったことはないのでよく知らない.詳しくは INSTALL ファイルを参照.

起動

$ rcsoccersim3D

モニタが起動し,少し遅れて11対11の計22体のプレイヤが現れる.'k'を押せば試合開始. 一方のチームが即効で落ちたように見えるが,遠くに飛ばされているだけでそのうちボールに近付いてくる.'q'で終了.'p'がポーズ.'r'は再開.'c'でカメラがボールを自動追尾するようになる.その他,マウスやキーボードでカメラの移動が可能.

ログ再生

rcsoccersim3D を起動した場所にLogfilesというディレクトリが出来ている.この中に含まれる monitor.log がログプレイヤ用のログファイル.これを rcssmonitor3d に読み込ませれば試合を再生できる.

$ rcssmonitor3D-lite --logfile Logfiles/monitor.log

ご意見・ご感想などをどうぞ

  • Javaって今はもう必要ないんじゃないでしょうか? INSTALLには書かれてないようです。gcj (gcc-java)が入っている(which java => no java)せいかもしれませんが、SunのJavaなしでconfigure通ります。 -- n071316? 2005-03-18 (金) 16:52:28
  • ちょっと修正してみました。 -- akiyama? 2005-03-18 (金) 19:54:51

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-03-14 (月) 14:51:36 (1348d)
SourceForge.JP
Creative Commons License
RoboCup tools by Hidehisa Akiyama is licensed under a Creative Commons 表示-非営利 2.1 日本 License.