• [メモ] GNU Autotools での Boost の扱い方 (akiyama) 09:51:28

RoboCupPortatePrefixInstallerにBoost用のm4マクロが追加されたのを見て,いつのまにこんな便利なものができたんだと思いつつ,早速自分のパッケージにも導入すべくメモ.

ax_boost_base: http://autoconf-archive.cryp.to/ax_boost_base.html
これを各パッケージのconfigディレクトリに入れて,AX_BOOST_BASEをconfigure.acに書くだけでよし. FreeBSDやMacOSXでBoostを検出できない問題もこれで解決するかな.

ついでに見付けた,Autotoolsのチュートリアル: http://www-src.lip6.fr/homepages/Alexandre.Duret-Lutz/autotools.html
これは,今までに見た中で一番分かり易いかもしれない. 初心者にconfigureの役割を教える目的にも使えそう.

  • [librcsc][soccerwindow2] RBFネットワークによるフォーメーションが動作した. (akiyama) 18:03:34

先週から取り組んでいた,RBFネットワークによるフォーメーションの実装が,何とか動き始めた. これまでさっぱり上手く動かなくてどうしたものかと途方に暮れていたが,何のことはない,基底の座標を与えるときに正規化するを忘れていただけだった.ホントにつまらないミスだった…

動いたのは動いたけど,学習率や基底関数の分散なんかの初期パラメータの設定次第でパフォーマンスが全然違うのがやはり厄介.そして,訓練データの近似は上手くいくものの,中間位置での近似がめちゃくちゃ.これは,NGnetを使った方がいいということかな. 後は,基底の中心座標自体の学習もやはり必要だし,どうしたもんですかね. 実用できるところまで持っていくのに手間がかかりすぎて,かえって効率が悪いような気がするなぁ.

とりあえず,実用段階にはまだ遠いので,コミットするのはもう少し先の話.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-03-14 (月) 14:51:37 (2094d)
SourceForge.JP
Creative Commons License
RoboCup tools by Hidehisa Akiyama is licensed under a Creative Commons 表示-非営利 2.1 日本 License.