• [rcssserver] 旧ログフォーマットを若干修正. stdoutsaver有効化 (akiyama) 12:47:03

旧ログフォーマットに tackle_dist, tackle_back_dist, tackle_width が含まれていないために,モニタ側で動的にタックルエリアを変更することが出来ないことが分かったので,旧ログフォーマットに含まれる変数を一部変更した.

これで,旧ログフォーマットの server_params_t にはもう空き領域がなくなった. すなわち,新しいパラメータを追加することができなくなった. このフォーマットもいよいよ潮時かな. 次のリリースでは,テキストベースフォーマットへと完全に移行させたい.

デフォルトで無効になっていたstdoutsaverを有効化した. これで,サーバ終了後に試合結果がコンソールに出力されるようになる.

  • [librcsc] synch_see_offsetサポート (akiyama) 12:47:03

ライブラリ側のタイマー関連の対応はこれでほぼ完了か.

後は,新しいログフォーマットのパーサも作らなければ.

  • [rcssserver][メモ] モニタプロトコルv3の追加事項 (akiyama) 17:00:54

忘れてたのでメモ.

team_graphic情報は,msgではなく独立した情報として記録すべき.

オプションでプレイヤのsayメッセージを記録できるようにする.

  • [rcssbase][rcssserver] opensuse-10.1上でのビルドの不具合を修正 (akiyama) 18:58:05

ちょっと前にWrightEagleの人からレポートされた問題を検証. 確かに,opensuse-10.1上でconfigureがlibboost_filesystemを検出できていない様子. 正確に言うと,検出はされるが,ライブラリ名が変数に格納されず,リンカに渡せていない状態.

ax_boost_filesystem.m4 に何か不備があるはずなので調査…する前に,配布元をチェックしてみたら,2007-11-22にバグフィックスが行われているのを発見.さっそく置き換えたところ,無事コンパイルが通るようになった.めでたしめでたし.

ax_boost_filesystem.m4の変更履歴を見ると,MinGWとFedora Coreでも問題が起きていたのか.Coreが付いているということは,やはり少し古い環境で発生していた問題なのかな.というわけで,同時にax_boost_program_options.m4も更新.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-03-14 (月) 14:51:37 (2024d)
SourceForge.JP
Creative Commons License
RoboCup tools by Hidehisa Akiyama is licensed under a Creative Commons 表示-非営利 2.1 日本 License.