• [rcssmonitor] Debianパッケージ化 (akiyama) 17:37:41

Ubuntu 8.04上でDebianパッケージを作ってみるテスト.

開発環境の用意:

$ sudo apt-get install build-essential dh-make devscripts fakeroot patch diff patchutils

パッケージ作成:

$ tar xzvf rcssmonitor-12.1.0.tar.gz
$ cd rcssmonitor-12.1.0
$ dh_make -e xxxx@users.sourceforge.jp -s -n
$ vi debian/changelog    // 変更内容を修正
$ vi debian/copyright     // Copyright情報を修正
$ vi debian/control         // Section,Descriptionなどを修正
$ debuild -us -uc

インストール:

$ sudo dpkg -i rcssmonitor_12.1.0_i386.deb

以上.

RPMの作成に比べてビックリするくらい簡単だったんだが,これで本当に正しいのだろうか? 簡単過ぎて逆に不安.

続いてrcssbaseも試してみているが,boost:filesystemのライブラリとのリンクでこけてしまう. LDFLAGSの値がおかしくなってるのかな.

  • [rcssbase] Debianパッケージ化 (akiyama) 18:51:44

debian/rules ファイルを編集して,configureに渡されているLDFLAGSの値を以下のように書き変える.

LDFLAGS="-Wl,-z,defs"
  ↓
LDFLAGS="-Wl,--as-needed"

これで一応コンパイルは通って.debファイルも作成されるんだが,warningが完全には消えてくれず,気持ち悪い. そして,rcssserverのパッケージ化にも失敗してしまう. どう設定するのが正しいんだろうか?


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-03-14 (月) 14:51:38 (2017d)
SourceForge.JP
Creative Commons License
RoboCup tools by Hidehisa Akiyama is licensed under a Creative Commons 表示-非営利 2.1 日本 License.