• [fedit] 方針変更 (akiyama) 15:08:06

重すぎて話にならないので,今回はGraphicsViewフレームワークを使うのは諦めて,通常のQPainterでベタに描画する方向で再実装することにした. 暇なときに趣味として取り組むならともかく,今はこれの高速化のために時間を潰すわけにはいかんのだよ.

ただ,そうなるとマウスクリックによるオブジェクトの検出やオブジェクト同士の衝突判定を自分で作らないといけないので,それだけが厄介. それでも,GraphicsViewを使うよりははるかに早くなるはずだけど.

Undoフレームワークは使う予定.

  • [soccerwindow2] --enable-gl オプション追加 (akiyama) 16:28:15

QGLWidgetを使うかどうかを切り替えるためのスイッチオプションをconfigureに追加した. 環境によっては,--enable-glを使うことで4倍は早くなるはず.

  • [fedit] QGLWidgetテスト (akiyama) 16:34:41

もしやと思ってGraphicsViewの方でもGLWidgetを試してみた. X.orgのCPU使用率が1/10くらいになった. Qt4のX11対応が腐ってるということか. これはひどい.

ということは,QPainterのベタ描画に加えてOpenGLも使うのが一番早いということになるので,そうしよう.

  • [fedit] QPainterテスト中 (akiyama) 22:19:12

これまで作ってきたものからコピーしてくるだけでは芸が無いので,QPainterの座標変換機能をきちんと使いこなす設計に修正中. 改めて使い方を調べてみて,Qtの座標変換の仕組みは良くできてるねぇと感心. 今までは描画のための座標変換を自前で管理してたんだが,その苦労がバカみたいだ.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-03-14 (月) 14:51:38 (2054d)
SourceForge.JP
Creative Commons License
RoboCup tools by Hidehisa Akiyama is licensed under a Creative Commons 表示-非営利 2.1 日本 License.